幼児教育 0歳

0歳児の主な取り組みは、インプット!

ミナミ家では、0歳児は殆どインプットのみでした。
効果を期待せず、とにかく色々な情報を与えることに注力しました。

 

■1日の取り組み

 

家庭保育園脳活性化カード

【朝】
・フラッシュ&ドッツ&脳活性化カード

・論語CDかけ流し(前半)
・絵本10冊程度

 

【昼】
・フラッシュ&ドッツ

・童謡CDかけ流し&一緒に歌って遊ぶ
・手を使った遊び

・絵本30冊程度
・外遊び

 

【夕方】
・フラッシュ&ドッツ&脳活性化カード

・論語CDかけ流し(後半)
・絵本10冊程度

 

 

取り組みは、主に「家庭保育園の発達表」に沿って行いました。

 

フラッシュカードやドッツカードなどは、身構えると続かないし子供も飽きると思ったので、
おむつ替えの時にササッと見せるだけです。

 

0歳児の絵本

絵本は、1冊30秒程度で読み終わる絵本を中心に読んでいきました。

 

7か月頃になると、読みたい本を次から次へと持ってくるようになったので、とことん付き合うようにしていたら、1日100冊(100回)以上は読んでいたように思います。

 

 

 

手を使った遊びは、とにかく色々なものを与えていました。
箱や瓶、ペットボトル、お玉や泡だて器など、家にあるもので危ないもの以外は自由に触らせていました。

ティッシュも最高5箱まで全部引き出してましたし、トイレットペーパーが全身にからまって身動きとれず泣いた事もありました(笑)

 

この時期は、色々出されて家も散らかりますから嫌になる時も多いでしょうが、一時だと思って気にしないようした方が疲れません。
キッチンの引き出しの中に、娘のお気に入りのおもちゃなどを隠しておいたりすると、見つけた時にすごく喜んだりしていましたよ。

 

 

 

0歳:主な取り組みは、インプット!関連エントリー


0歳児の頃は、こんな取り組みをしていました。今思えば、この頃のインプットがとっても重要だったように思います。

Copyright (C) 2009 ナンちゃって教育ママの「それゆけ!幼児教育」 All Rights Reserved.
なんちゃって教育ママのそれいけ!幼児教育