モンテッソーリ 幼稚園

モンテッソーリ教育によって、自分の世界をもつ!

【私見】

 

通常の幼稚園のように画一的な教えでないことが魅力ですね。
私ももし近くにモンテッソーリ教育の幼稚園があったら是非とも入れたかったくらいです。

 

モンテッソーリ幼稚園作品A

毎年、父の日・母の日になると近所の大手スーパーの壁に近所の幼稚園の絵が貼られるのですが、お父さんもお母さんも全て髪は黒で、口は赤で、肌は肌色のクレヨンで描かれています。

 

何か不自然ですよね。。。

 

茶色や黄色の髪があってもいいし、ピンクやオレンジの口があってもいいはずなのに、100枚近くの絵がすべて3色で描かれているのです。
きっと絵を描く際に、3本のクレヨンだけ出すように言われるんでしょうね。

 

おそらくモンテッソーリ教育ではこのような事はないでしょう。
全てが自由なわけではありませんが、その子の感性を生かせる場合はそれを優先してくれるでしょうし、また自分で考えるように促してくれると思います。

 

常に皆と一緒でなければいけない、皆がやっているからやるという考え方ではなく、
自分が何をしたいのか、

何をするべきなのか、
を常に考えて行動するようになるという意見が多く聞けました。

 

しかしその反面、自分のやりたい事を自分の世界でやってきているので、
非常にマイペース過ぎてしまい、「小学校へ上がってから大丈夫なのか?」

という心配も出てくるようです。

 

そこで、実際に小学校へ上がったお子さんのママ達に聞いてみると、
「良い意味で群れをなさない」と皆さん言っていました。

 

協調性はあるが、必ず誰かと群れなくてもいい、一人でも大丈夫と思うようです。
日本では、みんなと一緒じゃないと・・という意識が強く、そういう教育をされてきたのでしょうがないかもしれませんが、中には、それに捕われ過ぎて誰かと一緒にいないと不安になるような子も多いですよね。

 

その点、、「自分や自分の世界」をしっかり持っているというのは、心配事項ではない気がします。

 

またモンテッソーリ教育は、私立小学校の受験の際に「受け」がいいらしく、
受験を視野にいれている人が多く通う傾向があるのも特徴の一つでしょう。

 

 

 

モンテッソーリ教育によって、自分の世界をもつ!関連エントリー


モンテッソーリ教育の幼稚園。「協調性はあるけれど、必ずしも誰かと群れなくてもいい」そんな強さを持てるようです。

Copyright (C) 2009 ナンちゃって教育ママの「それゆけ!幼児教育」 All Rights Reserved.
なんちゃって教育ママのそれいけ!幼児教育