幼児教育 方法

1歳児〜3歳児で空間認識を育てる方法

■1歳児〜3歳児

 

学研ニューブロック

・ペグボード(家庭保育園・七田)
・ヒモ通し(家庭保育園・七田)

・パズル
・小麦粉粘土

・積み木
・プレイボード 又は 巧巧版 (家庭保育園・七田)

・ニューブロック(学研)
・折り紙

・リカちゃん人形など
・絵具

・貼り絵(折り紙を貼る)

 

 

ブロック系でお薦めは、学研のニューブロックです。
レゴは難しいという子には、少し組み合わせると何となく形になるので楽しめると思います。

 

家庭保育園プレイボード

また、プレイボードか巧巧版はどちらかは欲しいところです。
手先が器用になるだけでなく、空間認識にも断然強くなります。

 

△と△を合わせると□にもなるし◇にもなるというのを、遊んでいる内に感覚的に認識出来るようになります。

 

特に女の子は空間認識に弱い傾向があるので、お勧めです。

 

ペグボードとヒモ通しは、七田の授業でも繰り返し出てくるアイテムです。
慣れてきた子は、太めのヒモと大きめのビーズでネックレスなどを作っても良いですし、

男の子でしたら簡単なプラモデルなども良いかもしれません。

 

 

 

1歳児〜3歳児で空間認識を育てる方法関連エントリー


1歳児〜3歳児は、ぜひともブロックや積み木等がお薦めです。後々、空間認識をしていく上で効果を実感できすはずですよ。

Copyright (C) 2009 ナンちゃって教育ママの「それゆけ!幼児教育」 All Rights Reserved.
なんちゃって教育ママのそれいけ!幼児教育