絵本 読み聞かせ

絵本好きにするには、図書館の本ではダメ

我が家の本棚

我が家にある絵本の一部です。
少しずつ買い揃えて、今では700冊以上になりました。

 

なぜこんなに大量になったかと言うと、

 

「絵本を好きになってもらいたいなら、絵本が自宅にあって、見えるところ手の届くところに置いておく事です。」

 

と家庭保育園の人に言われたのがキッカケです。

 

初めは、「図書館に通った方が色々な本が選べるし経済的じゃない」と思っていたので、
「絵本を買わせる為の営業トークか・・」と疑っていたんです(笑)

 

ですが、「毎日図書館通いをして何千冊も読んであげたのにちっとも絵本を好きにならなかった・・」
という話を小耳にはさんで、「それじゃあ試しに購入してみようか」と。。

 

そうしたら、まさしく本当のことでした!

 

営業トークだなんて疑って申し訳なかったと思いましたね(笑)
不思議ですけどね、娘も、図書館で何回も借りて何回も読んだ本でもあまり覚えていないんです。

反対に、数回程度しか読んでいない本でも、自宅の本は結構頭に入っているんですよね。

 

お気に入りの絵本

自宅にある本で、自分が読みたいなと思った時にすぐに手にとれるという事が重要で、常に絵本が身近にあることで、絵本が生活の一部になるようです。

 

それが分かってからは、おもちゃを買うなら絵本2冊購入しようと思うようになり、こんな本棚になってしまいました。
それでも娘には全然足りないようです。

 

 

もちろん図書館でも借りたりしますが、やはりなるべく自宅に置けるよう揃えるようにしています。
無理して新書を購入する必要もありません。

ちなみに、この「12の月たち」という本は娘のお気に入りの本ですが、
オークションで購入したので、何と300円でした^^v

 

 

 

絵本好きにするには、図書館の本ではダメ関連エントリー


絵本好きにするには、図書館の本ではダメなんです。全く不経済だわと思いましたが、これ、あながち嘘じゃなかったんですね。

Copyright (C) 2009 ナンちゃって教育ママの「それゆけ!幼児教育」 All Rights Reserved.
なんちゃって教育ママのそれいけ!幼児教育