抱っこ法 方法

抱っこ法ならぬ抱きしめ法

家庭保育園も七田でも勧めている「抱っこ法」というのがあります。

 

抱っこしてあげることで、子供の行動の裏に隠された本当の気持ちに触れ、
それを受け止めていくことによって子供の気持ちが満たされ、情緒が安定してくるというものです。

 

娘が赤ちゃんの時は何回も挑戦してみたのですが、全然上手くいかず、未だによく分からずにいます。
なので、残念ながら抱っこ法は紹介出来ないのですが、

それに代わる方法として我が家で行っていることを紹介したいと思います。

 

それは、「抱きしめる」ことです。

 

 

毎日寝る前にギューっと抱きしめて

 

「大好きだよ。かりんはママの宝物よ。」
「大好きだよ。リーナはママの宝物よ。」

 

と言うのです。

 

これだけなんですけどね(笑)

 

でも、子供にちゃんと伝わっている気がします。
昼間怒りすぎた時でも、子供が幼稚園でちょっと嫌なことがあった時でも、

寝る前のこれで帳消しになるようです。

 

とても満足げな顔になって安心してそのまま寝入る時もありますし、
何か言いたい事がある場合には、セキを切ったように色々と話してくれます。

 

 

 

抱っこ法ならぬ抱きしめ法関連エントリー


家庭保育園や七田で推奨している「抱っこ法」。私には難しかったので、「抱きしめ法」を行っています。

Copyright (C) 2009 ナンちゃって教育ママの「それゆけ!幼児教育」 All Rights Reserved.
なんちゃって教育ママのそれいけ!幼児教育