s

中央出版 幼児教材

教材自体よりも、営業マンが問題!

【特徴】

 

モンテッソーリ教育を取り入れた知育教材。

 

 

【私見】

 

教材自体はモンテッソーリ教育法を取り入れているという事で興味がありましたが、
ここの営業マンがかなり評判が悪かったので、私は説明を受けませんでした。

 

というのも、男性の営業マンが自宅へ来て、子供の発達状況を伝えた上で
「このままだとこの子は発達が遅れますよ」などと散々心配を煽った上に、

「主人と相談してから」と言っても帰らず、
「今購入しないと〜」のようなクロージングを長々とするとのことでした。

 

幼児教育関連の場合、家に招き入れて母親が説明を聞く事が多いので、
女性が来る事が多いのですが、ここは男性が来る上になかなか帰らないので

怖い思いをしたという話しを何回も耳にしたからです。

 

決して近所だけの話だけではなく、他県の友人からも同様の話しを聞いていますし、
ネット上でも同様の話は多く見られるようですね。

 

幼児教育において、他の子よりも遅れるから〜という発言自体、私は「ナシ」だと思っています。
遅れるからやるんじゃなくて、その子のいいところを伸ばす為にやるんでしょ。

 

という事で

 

 ・幼児教育に関しての意見の相違
 ・購入後のサポートがあっても、考え方の相違から受けにくいだろう

 

という観点から、我が家では見送りました。
そのため、教材自体の優劣・購入後のサポート体制に関しては把握していません。

 

 


モンテッソーリ教育を取り入れた知育教材として有名な、中央出版の幼児教材。それと同じくらい、怖い営業マンが来るということで有名ですね。

Copyright (C) 2009 ナンちゃって教育ママの「それゆけ!幼児教育」 All Rights Reserved.
なんちゃって教育ママのそれいけ!幼児教育